CakePHPの高速化/SEO対策(HTMLのminify化)

よくある手法の一つですが、CakePHPの高速化としてHTMLを圧縮するため、AppController.phpに毎回下記追記してます。

	public function render($view = null, $layout = null) {
	    $this->response = parent::render($view, $layout);
	    $body = $this->response->body();
	    $body = preg_replace('#>\s+<#s', '><', $body);
	    $this->response->body($body);
	    return $this->response;
	}

Chromeの検証ツールですが、

実施前 2832ms
実施後 1279ms

約半分、といった結果になりました。
ブラウザのレンダリングってスペースも一個一個処理しているようなので、1ページあたりのHTML量が多いサイトだとほんと差が出ます。
ほんと業務系のWebシステムは絶対minify化したほうがいいと思う。

結構みんなサーバー側の高速化から考えるけど、ブラウザのレンダリングとか
クライアント側の高速化を意識してみるといろいろ改善される気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする