Google Adsense不合格、審査通過しない場合の間違った対策・注意点

Google Adsenseの取得が上手くできないという相談を何件か受けてきたのですが、対策方法を勘違いしている方が多かったので、ご参考までに。

Google側の審査基準について

具体的な審査基準については、どこかに明記されているわけではありませんが、今までの取得経験から推測してみました。
概ね下記に収束されると予想しています。

コンテンツが有意義なもの、利益を生み出すものであること。

この内容に該当する主な審査落ちの理由として考えられるのが「不十分なコンテンツ」です。
サイトへ掲載している記事や、コンテンツ自体が足りないと勘違いし、とりあえず記事を増やそうとしている方が非常に多いという印象です。

ここで注意してほしいのは、

閲覧者にとって有意義なものでなければ、それは、コンテンツとして認識されない。

ということです。

例えば、

◯◯へ友達と旅行へ行きました。すごい広い露天風呂で楽しかったです。

といった漠然としたものは、何の参考にもならず、コンテンツとして価値の無いものと判断されます。

大事なことは、

  • どのような業者、サイトを使いプランを練ったものか。
  • 費用はどの程度必要か。
  • 旅行を楽しむために用意したものはあるか。
  • おすすめの観光経路や交通手段はあるのか。
  • 海外であればクレジットカードの利用が可能かどうか。

など、閲覧者が何かしらの参考や、アクションを起こせるといった内容でなければなりません。

オリジナルのコンテンツでない

これも上記同様、「不十分なコンテンツ」です。

ネット上で調べてそれを引用するような記事の場合、Googleはそれをオリジナルのコンテンツとして認めない場合があります。
引用自体が悪いものではないですが、引用の際は引用元をきちんと表示し、自分なりの考察を入れ、オリジナルのものを作ったほうが良いです。

既に別のアフェリエイト広告を掲載している。

コンテンツが多く、自他ともに認める優良なサイトなら問題ありませんが、
コンテンツも少なく、既に別のアフェリエイトが掲載されていたら小遣い稼ぎ目的の質の悪いサイトって思いますよね。
そういったサイトは審査基準が厳しくなる傾向にあるので、記事は一旦外しておいたほうがいいです。

上手く取得できない方は、このあたりを見直すと良いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする